マスクの正しい付け方とは?元看護師の妻から聞いた、マスクの付け方について

新しい体験

どうも、ぞえです。

新型コロナウイルスにより、格段に利用回数が増えたもの。

そう、マスクです。いろんなマスクの出現も、この期間で改めて知りました。

マスク不足の救世主?洗えるマスク「PITTA」がなかなか良い!

2020年4月8日

そんなマスクですが、付ける方向が決まっているのを最近知りました。

ぞえの妻が元看護師だったので、限りなく正解に近いマスクの付け方を書いていこうと思います!

今までマスクの付け方を間違っていた

ぞえは妻に指摘されるまで、マスクの付け方を間違えていたみたいです。

その付け方とは、紐が付いている部分を外側に向けた付け方

ずいぶん前にヒルナンデスで、看護学校に通う生徒がゲストに説明していたのを信じていました。

しかし元看護師曰く、鼻で笑われるレベルの間違ったマスクの付け方なんだとか。

間違ったマスクの付け方

先ほど載せた写真の付け方でマスクを付けると、このような感じになります。

これの何が悪いのかというと、中央部分にあるマスクの折り目が上を向いているところ

折り目が上を向いていると、その部分にホコリや菌が溜まってしまうみたいです。

呼吸が繰り返されるマスクに、ホコリや菌が溜まっているのを想像すると嫌ですよね…。

正しいマスクの付け方

続いて、正しいマスクの付け方をするとこのようになります。

先ほどとは違い、マスクの折り目が下向きになっています。(分かりづらいかもしれませんが…)

こうすることで、マスクの折り目にホコリや菌が溜まることを防げますね。

マスクの付け方を見直してみよう

ということで、マスクの正しい付け方を書いてみました。

ウイルス対策の為にマスクを付けるなら、せめて正しい付け方でマスクの効果を十分に発揮したいですよね。

この記事を通じて、マスクの付け方を見直して貰えると嬉しいです!

では、また明日!

マスクは種類によって折り目の向きが違うみたいです。

その為、購入されたマスクの折り目をしっかりチェックしてください!