Kさんから学んだ、”お金の使い方の価値観”について

ぞえの語り

どうも、ぞえ(@zoerogu)です。

お金。それは、生きていく上でなくてはならないもの。

そんなお金ですが、ほとんどの人は「もっとお金があればな」という想いを抱いてるのではないでしょうか?

もちろん、ぞえもその中の1人です。

ぞえ
お金持ちになりたい!

お金がないからという理由で、自分や自分の家族がやりたいことを我慢したくない!

こんなことを日頃から思い続けていていると、どうすればお金に不自由ない生活ができるのかを考える機会が増えてきました。

お金持ちになる人とそうでない人の違いは、一体どこにあるのか

その部分について、高校のOBであるKさんを通じて少しだけ気付けた気がするので、記事にしてみようと思いました!

スポンサーリンク




違いは、お金の使い方にある?

皆さんは、自分の使えるお金に余裕があればどう使いますか?

貯金する!という方もいると思いますが、大抵の方は何かしらに使うではないでしょうか。

  • 欲しい物を買う
  • 遊びに行く
  • 美味しいご飯を食べに行く

などなど、お金の使い方は人それぞれですよね。

ぞえもそうだったんですが、自分のためだけに使うことが多かったです。

自分のお金だから、自分のために使うのは当たり前ですよね。確かにそうだと思います。

ただ、振り返ってみると、自分のためだけに使った時に得られる幸福度はそれほど高くなくて

  • 自分のために買った物が、後から振り返るとそれほど使わなかった
  • 1人で美味しいものを食べた時、あの人とも一緒に食べたいと思った

などなど、ほんの少しの後悔がつきまとっていることが多々ありました。

お金持ちの人ほど、周りの人を笑顔にするためにお金を使っている

ぞえの一般的なお金の使い方の次は、お金持ちの部類に属するKさんのお金の使い方を紹介していきますね。

Kさんは謙遜していますが、一般的な人よりもお金を稼いでいると思えます。(頻繁に日本中・外国に飛んでいることや、関わる人の凄さからお金持ちだなと感じました。)

そんなKさんは、お世話になってる人困っている人のためにお金を使うことが凄く多いみたいです。

事業で儲けた時に、その利益を自分だけでなくお世話になった人たちに渡したんだとか。

他にも、東日本大震災があった時は被災地に支援物資を運んだり現地でのボランティア活動をされたみたいです。

凄いですよね。「何かできればな」と思うことは簡単ですが、実際に行動に移されれるのはごく僅かだと思います。

周りの人のためにお金を使った結果、多くの人との繋がりができ、その人脈を通じて新たな事業へと繋がっていったんだとか。

誰かのために使ったお金が、巡り巡って自分に返ってくる

Kさんの話や、日頃のKさんの姿を見てそんなことを感じました。

自分のためだけではなく、周りの人を笑顔にするためにお金を使えるのって凄くカッコいいですよね。

お金の使い方を少し変えてみては?

今回は、Kさんに学んだお金の使い方について書いてみました。

自分のためだけでなく、周りにいる大切な人のために使うことが大切

言うことは簡単ですが、実行するのは凄く難しいと思います。

ただ、誰かのために使ったお金が巡り巡って自分に返ってくるということは本当に起こりそうです。(Kさんの影響で、少しずつぞえのお金の使い方に変化が現れてきました。)

ぞえが最近、誰かの為に使ったお金で自分に返ってきたことはというと

  • 一時期、めっちゃ奢った弟が「兄ちゃんの子供には、俺がいっぱい奢る」と言ってると母から聞いたこと

弟の発言に関しては本当か分かりませんが、その気持ちだけで奢って良かったなと嬉しく感じたのはよく覚えています。

巡り巡ってくるものはお金だけではなく、新たな機会なのかもしれません。

もっと多くの人を笑顔に・豊かにできるようなお金の使い方や活動をしていこうと思えました。

この記事を読んだ方で、1人でも「自分のお金を大切な誰かのために使おうかな」と思ってくれれば嬉しいです!

↓Kさんとの活動は、こちら。

”飯炊き仙人”のお米が食べられる「ゲコ亭」。食堂みたいなお店で食べるご飯が美味かった!

2019年7月24日

競艇のボート体験って知ってますか?想像以上に怖かった、競艇ボート体験について

2019年7月22日

スポンサーリンク