眉山の夜景も最高だった

徳島市 眉山 ロープウェイ 夜景

徳島の有名な観光スポットである眉山
不覚にも朝6:00から登り始め、山頂からの朝日に病んだ心を洗い流されたぞえです。

徳島県の観光名所である眉山。山頂で日の出を見てきた!

2018.11.27

眉山を登り、朝日や徳島の景色を見ることができました。
ただ、これで本当にいいのか?
眉山からの夜景を見ることや、ロープウェイを乗らずして眉山を制覇したと胸を張って言えるのか?
自分に問いかけてふと気が付くと、足は勝手に眉山の方へ進んでいました。

阿波踊り会館のロープウェイ乗り場へ

ということで、再び眉山に舞い戻ることにしたぞえたち。(もちろん先輩方も誘いました。)
今回はロープウェイに乗っての登山いうことで、更にワクワクしています。

ロープウェイ乗り場は、阿波踊り会館の中にあるみたいです。
夜の阿波踊り会館はライトアップされていて、昼間とは違って少し怖い…。
徳島市 眉山 阿波踊り会館

阿波踊り会館に入り、エレベーターで5階に上がると眉山ロープウェイ山麓駅です。
19:00くらいに行ったんですが、ぞえたち以外の利用客は2人くらいでした。(もっと多いかと。)
徳島市 眉山 ロープウェイ

ロープウェイのチケットは券売機で購入できます。
自分の足で下山する気が毛ほどもない堕落者のぞえたちは、迷わず往復チケットを購入しました。
徳島市 眉山 ロープウェイ

チケットの代金は以下の通りです。

  • 一般(中学生以上)610円(片道)・1020円(往復)
  • 小学生300円(片道)・往復510円(往復)

ロープウェイに乗り込みます

ロープウェイの待ち合い席で待つこと数10分。
ついに、ぞえたちを眉山の頂上へ誘ってくれるロープウェイが来ました!
徳島市 眉山 ロープウェイ

見た目が「昔の宇宙船」のようなロープウェイに、ぞえたちは乗り込みます。
中には収納されている椅子がありましたが、徳島の夜景を見たいなら座らずに立つことをオススメします。(座ると景色が見にくいから。)
徳島市 眉山 ロープウェイ

ロープウェイはテーマパークにあるアトラクションのような発車音と共に動き出しました。
ロープウェイが眉山の頂上に向けて登り始めたと同時に、徳島の夜景がガラス越しに映し出されます。
徳島市 眉山 ロープウェイ 夜景

思っている以上に綺麗でした。まだ山頂ではないのにこの綺麗さ…。
ただ一つ、ぞえが頭をよぎったことがありました。

ぞえ
綺麗やけど、一緒に見る人がなぜ男しかいないんや…。

おそらく、ぞえ以外の先輩方も同じことを思ったはずです。
ぞえたちのようにならないよう、皆さんは大切な人とこの夜景を見てくださいね!

山頂に到着!

ロープウェイは、眉山の山頂までの道のりを約6分で登り切ってしまいました。
早朝に1時間くらいかけて登ったことを考えると、とんでもなく楽に早く登れるたことが分かります。

お待ちかねの眉山から見えた夜景がこちら!!
徳島市 眉山 ロープウェイ 夜景

思っていた以上に綺麗でした!標高がそこまで高くないので、鮮明に夜景を見ることができます
徳島市を歩いていると全体的に暗い(明かりが少ない)イメージがありましたが、眉山から眺めると全く違ってキラキラ輝いてましたね。
四国一の夜景と呼ばれる眉山の夜景、ぜひ一度この目で見ることをお勧めします!

*おまけ
ロープウェイに乗りながら夜景を見れるんですが、ロープウェイ内に流れるご当地ソングも是非聞いて欲しいです!
「もんでこい」という初めて聞いた歌詞に対して、卑猥な意味にしか捉えられないぞえたちはまだまだ子供でした…。

ぞえたちが「もんでこい」と聞こえた歌詞は、実は「もんてこい」みたいです。
徳島の方言で「かえってこい」という意味なんだとか。



にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村