ストレングスファインダーで、自分の才能が分かる!

新たな経験

自分の才能って、なんなんやろう。

こういう疑問が、ふと頭をよぎりました。

それは、「人にはそれぞれ内に秘めた才能があって、その才能が発揮される道を進むと成功する」という自分の考えがあったから。

過去を振り返ると、「あの人は〇〇の才能があるな。」という会話を、今までしたことがあるんじゃないでしょうか。

才能という言葉を信じたくなくても信じざるを得ない人を、今までぞえは何人も見てきました。(少しの努力で、大きな成功を収める人など。)

才能とは?

才能といっても、具体的に何かのかよく分かりません。少し調べてみると…

才能とは、生産的に適用でき、頻繁に繰り返す思考、感情、行動パターンである

自分コンバス:才能とは何か?自己理解オタクが定義を説明するより引用

んー、難しい。(笑)

これだけでは意味が良く分からないので、更にこの内容も付け加えてみます。

参照 自分コンパス:才能とは何か?自己理解オタクが定義を説明する

その人が持つ才能(思考・感情・行動)に対して、投資(練習・スキル取得)を行うことで、強み(成果)になるんだとか。

↑の図で分かるのは、「才能があっても投資をしないと強みにならない」というところ。

やはりどんなに才能があっても、努力をしないと身を結ばないということですね。

才能(思考・感情・行動)の具体的な内容は、こんな感じです。

・常にもっと良くできないか考えている(思考)

・困っている人がいたら助けたくなる(感情)

・思いついたらすぐ行動に移す(行動)

自分コンパス:才能とは何か?自己理解オタクが定義を説明するより引用

ぞえ
自分の才能か対して時間をかけると強みになるのは分かったけど、そもそもどんな才能があるのか分からない。

ぞえと同じことを思った方、才能の見つけ方があったので紹介します!

自分の才能を発見する方法とは?

この記事のタイトルにも書いた、ストレングスファインダーで自分の才能を見つけることができます。

どっかの誰か
ストレンなんちゃら?

なんそれ?

↑のようなストレングスファインダーを始めて聞いたという方に、少し説明すると…

ストレングスファインダー®は、アメリカの世論調査と組織コンサルティングのギャラップ社が「人は自分の弱みを改善するよりも、自分の強みに意識を向けそれを活かすことで最大の能力を発揮する」という考え方に基づき開発したツールです。Webサイト上で177個の質問に答えていくことで、自分の強みを知ることができます。

STRENGTHS LABO:ストレングスファインダーとは?より引用

アメリカのギャラップ社が作り出したツールみたいです。

「人の弱みではなく強みに意識を向ける」という考え方、最高ですね。

このストレングスファインダーを受けるには、三種類の方法があります。

  1. 書籍を買って行う
  2. 公式サイトから行う
  3. 専用アプリから行う

上記の三種類の方法があり、ぞえは1の「書籍」からストレングスファインダーを受けようと考えました。

実際に、書籍を購入してみた

ストレングスファインダーという名前を知ったその日に注文し、数日後に手にすることができました。

その書籍がこちら。

 

結構分厚い本ですね。

内容ですが、1〜2章の構成になっています。

1章では、ストレングスファインダーがどのような経緯で生み出されたのか・ストレングスファインダーの意味について。

2章では、34個ある資質(才能)の特徴などが説明されていました。

自分の才能を知るため、ストレングスファインダーを受けてみます

今回はストレングスファインダーという「自分の才能を見つけ出すツール」の存在を説明していきました。

次回は実際に書籍を通じて行ったストレングスファインダーで、「ぞえの才能」を発見していった内容について書いていこうと思います。

才能に関して興味を持った方は、ぜひストレングスファインダーを受けてみてください!



にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村