計画を立てることの大切さ

新たな発見

人と会話をすることで、いろんなことを学ぶことができる。

このことは、誰しも一度は感じた経験があるのではないでしょうか?

学ぶ内容としては「自分の関心があること」もあれば、「自分が今まで見向きもしなかったこと」など様々。

それは逆のまたしかりで、自分が人と話すことで「その人に対して学びの時間を提供できる」ことでもある。

会話をすることが、お互いが学び合える時間となれるような関係を1人でも多く増やしていきたいですね。

しかし一方、会話の中に「愚痴や不満・他人の悪口しか話さない人」もいる。

そんな人と会話をし続けても何も得ることができない上、自分の時間の無駄。

とっとと会話を打ち切り、本当に会話をしたい人に時間を割くべきですね。

という前置きから、今回の記事の内容へと移るんですが…

今回は「昨日のYちゃんとの電話で学べたこと」について、書いていこうと思います。

計画を立てる大切さ

学べたことは、「計画を立てる習慣を身につけよう」ということ。

ぞえは計画を立てるより、ぶっつけ本番で何事も済ませることが多いんです。

友達との遊びや観光など、基本的にはその場で思いついたことをただ楽しむというスタイル。

思いつきでの行動は面白いですが、行動の度に反省するべき点もありました。

そんなぞえに対して、Yちゃんはこう言います。

Yちゃん
社会人になって、お互いいつでも会えるわけではない。

せっかく休みを合わせて遊びに行くのに、ノープランで行って現地で「次は何をしようか…」と路頭に迷うのは勿体なくない?

…たしかにそうやな。

これはYちゃんと2人で何かをする時以外にも、限られた時間を存分に楽しむためには必要だなと思えたぞえ。

計画を立てることで得られるメリット

ぞえなりに計画を立てるメリットを考えてみました。

  • PDCAサイクルを回すことができ、計画した内容の質が高くなっていく。(旅やサプライズの内容が高まるなど)
  • 旅に行く場合は、より多くの発見を効率よくこなしていける。
  • やろうとしていたことの達成や、失敗したなら反省して次に活かされる。

などなど、メリットは考えると山ほど出てくる。

今までの「計画を立てず、目の前のことを楽しむ」というスタイルにも良い面があったが、やはり計画して行動した方が楽しめることの数が増えそうですね。

もし計画を普段から立てることが少ないという方、この記事をきっかけに何のことでも良いので計画を立ててみてはいかがですか?



にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村