「好きなことだけで生きて行く。」を読んで印象に残ったこと

書評

自分の好きなことを仕事にしたい!

そう思う方、最近は増えてきているような気がしますね。

近年ではユーチューバーの方をはじめ、「遊び」と思われていたことが「仕事」に変わってきています。

子供のなりたい職業ランキング上位にも、ユーチューバーが上位に入り始めたんだとか…。(ぞえが子供の頃からすると、考えられない。)

参照 リセマム:小学生のなりたい職業、男子「ユーチューバー」急浮上

今回は、そんな「好きなことで生きていく」ための指南書を紹介していこうと思います!

堀江貴文さんの「好きなことだけで生きて行く。」

この本には、堀江貴文さんが考える「好きなことで生きるために必要なこと」を分かりやすくまとめていました。

特に印象に残った部分を抜粋して紹介してきます!

① 好きなことをやるには、まず行動をすること

「何かをやりたい!」と思った時、同時にこんなことも思ったりしませんか??

心の中の自分
いや、そんなんできひんよ。

うまくいく人なんか一握りやし、地道に今のままでいる方が楽やで。

人は何か新しいことを始めるとき、↑のような不安な気持ちが芽生えると思います。(ぞえはそうですね。)

  • 失敗したらどうしよう
  • 好きなことをするには、まず知識をつけないといけない
  • やり始めた結果、途中で辞めたらどうしよう

などなど、本当に多くの「行動しない理由」を頭の中に浮かべてしまいがちです。

しかし、堀江貴文さんは違います。

できない理由を探すことに意味はない。

失敗するかどうかは、取り組んだ後にしか分からない。失敗したら、また起き上がればいい。

失敗によって傷つくのは、「あなたの小さなプライド」だけ。周りの人は関係ない。

堀江貴文:好きなことだけで生きていく。より引用

何かをする時に、絶対に成功する保証なんてない。それは、どんな人でも同じ。

失敗したとしても、前の自分よりは前に進めている・成長しているのは確か。

ぞえもこのマインドをしっかりと定着させたいですね。気を抜くと、すぐに「できない理由探し」の旅に出てしまう…。

皆さんも自分の中に「やりたいこと」があるのなら、まずやってみてください!道は開けてきます。

参照 いらすとや

② 好きなことを見つけるには、少しでも関心のあることを片っ端からやり尽くす

先ほどの「好きなことをやるには、まず行動すること」という内容を紹介しましたが、こんな人はいませんか?

どっかの誰か
いや、そもそもやりたいことがない。

時間があったとしても、グータラ過ごして暇を持て余しています。

分かります、この気持ち、すっごく分かります。

ぞえも、好きなことは今までずっと分かりませんでした

最近になって、少しづつ「好きかも」と思えるものに出会えてきています。

そのために必要なことは、「少しでも関心のあることに手当たり次第に取り組む」ことです。

思い出してみてください。子供の頃、自由な時間があるときに何をしていましたか?

ぞえの場合ですが…

  • ゲーム
  • おもちゃで格闘ごっこ
  • 友達とドッチボールや野球、ボール当て鬼ごっこをする

などなど。好きなことを自由時間に勝手にやっていませんでしたか?

皆さんの中に、今は「好きだ!」と強く思えることはなくても、必ず少しは関心のあることが眠っているはず。

本当に小さなこともいいです。(ぞえはコンビニで普段買わない高級なスイーツを買うことから、好きなこと探しが始まった。)何か思い当たることから、やっちゃいましょう!

関心のあることに取り組んだ結果、「やっぱり好きじゃなかった」というのはあると思います。

でも、それでいいんです。そのことは自分には合わなかったと割り切り、次の関心のあることへ移りましょう

参照 いらすとや

「好きなことだけで生きていく。」ためには、まず行動をすること

サクッと、ぞえが印象に残った部分を書いていきました。

「好きなことで生きたい」と思う方には、とてもワクワクする内容だったのではないでしょうか?

この考え方は万人に受け入れられるかと言われると、受け入れられないと思います。

しかし、ぞえは「好きなことで生きる人生」を選択したい。

自分の人生、後悔ないように楽しみ尽くして死にたいんですね。

そのため、ぞえは「遊び」「仕事」にするための行動をこれからもコツコツ続けていこうと思いました!

皆さんも、好きなことを行動する・探すために自分の時間の一部を使ってみてはいかがですか?



にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村