ジャパンタクシーの乗り心地や、ドライバーの対応が最高過ぎた

新たな発見

どうも、ぞえです。

普段の生活では探索することのできない東京。いつも以上にいろんな発見で溢れていました。

↓アリスの世界観をこれでもかと再現しているお店「魔法の国のアリス」との出会い。

東京で知った「魔法の国のアリス」というお店の世界観が半端なかった

2018.09.25

今回の記事でも、東京で新たに見つけたものを書いていこうと思います!

タクシーを呼ぶと、今まで見たことない形をしたタクシーが…

仕事の関係で東京に行ったぞえ。もちろんタクシーを利用する機会がありました。(社会人にはタクシーは必須ですね。)

タクシーを予約した後、指定した場所で待っているとタクシーらしき車がきました。

ぞえ 「なんやこの車は…??」

今まで一度も見たことない人なら、ぞえと同じ反応をすると思います。(車の形が今までのタクシーと全然違うから。)

謎のタクシーに乗り込み、ドライバーにこのタクシーについて聞いてみました。

ドライバー 「あ、これはジャパンタクシーという新しいタクシーなんですよ。」

ぞえ 「すごっ。タクシーって言われへんと全然わからん…。」

*ジャパンタクシーとは…

東京 2020 オリンピック・パラリンピック競技大会の開催にあわせ、環境性能が高く、誰もが利用しやすいユニバーサルデザインのタクシー車両の普及促進を図るために行う「次世代タクシーの普及促進事業」を行なっており、1台当たり60万円の補助金を出している。

オートックワン:トヨタ、次世代“JPN TAXI”(ジャパンタクシー)を発売|2020東京オリンピックに向け、日本人の“おもてなしの心”をデザインより引用

東京オリンピック・パラリンピックに向けて開発された、新たなタクシーみたいですね!

ジャパンタクシーの魅力

ジャパンタクシーを実際に利用し、ぞえが感じたジャパンタクシーの魅力をお伝えしていきます。

1 車内が快適すぎる空間

ぞえの身体はすごく大きいです。(191㎝・100kg)

そのため、タクシーに乗ると頭が天井に当たったり、座席の横幅がギリギリで乗り心地が悪い感じることが多かったです。

そんなぞえが、終始ゆったりくつろぐことのできるジャパンタクシーはすごい…。(シートも革製で、触り心地が最高。)

2 ドライバーの対応が神

ドライバーの対応が最高すぎました。言葉遣いから荷物の出し入れの対応など、どれをとっても気遣いができています。

こんなにもタクシーを利用して幸せな気分になることは、人生で初めてかも…。(今までのタクシーでは、何人か態度が最低のドライバーもいました。)

3 見た目がカッコイイ

「深藍(こいあい)」カラーのジャパンタクシーは、見た目もすごくかっこいいです。

参照 ウィキペディア:トヨタ・ジャパンタクシー 

思わずタクシーを呼びたくなる、そんな見た目をしたタクシーだと感じました。

懸念される点

今回のジャパンタクシーの利用では、特に気になる部分もなかったぞえでしたが、実は不満もあるみたいで…。

1車重が重いため、スピードが従来のタクシーより出にくい(従来のコンフォートより10〜20kgほど重いみたい。)

2自動ドアの開くスピードが遅い(都内は交通量が多いため、停車して乗り込むのに時間がかかると危ない。)

3車高が従来よりも高い(車高175cmで、従来のコンフォートより約20㎝高い)ため、今まで通れていたルートを迂回しなければいけない

4認知度の低さから、従来のタクシーを呼ぶ人の割合が多い

*参考にした記事 「ハーバー・ビジネス・オンライン:増加中の新型タクシー専用車「ジャパンタクシー」、現場から聞くトホホな感想」以上のような内容が、不満点みたいです。

以上のような内容が、不満点です。

やはり、誰もが賛成する完璧な物を創るのはなかなか困難ですね…。

この不満点を考慮して、今後もどんどん進歩していってほしいです。

東京に行く機会がある方は是非、ジャパンタクシーを利用してみてください

ぞえが住んでいる関西では、見かけることがないジャパンタクシー。

賛否両論がありますが、ぞえ的には非常に優れたタクシーだと感じました。

東京都内に行く予定の方、ジャパンタクシーを見かけた時は利用してみてください!



にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村