東京で知った「魔法の国のアリス」というお店の世界観が半端なかった

ぞえのオススメ

どうも、ぞえです。

仕事の関係で東京に行くことになったぞえ。

東京での用事を済ませた後、大学の頃の後輩と久しぶりに会うことになりました。

その後輩と行ったお店が刺激的過ぎたので、紹介していこうと思います!

新宿で久しぶりの再会を果たしたぞえたち

大学の後輩であるHくんと、新宿で待ち合わせをしました。

Hくんは証券会社でバリバリ働いてるすごい人です。(クソ忙しい業種でも、耐えて頑張ってるのはすごい!)

合流した後、Hくんが調べてくれたお店に2人で向かいました。

あ、あれに入るのか…??

Hくんの案内に続いて進んで行くと、お目当てのお店がチラッと見えました。

そのお店がこちら。

魔法の国のアリスです!


え、男2人でこのお店に入るん…??

…と、普通の男達なら入るかどうか躊躇すると思います。

しかし、ぞえたちは「なにこれ!?恥ずかしいけど入ろっか!」と言いながら、ズカズカと魔法の国に入り込んで行きました。

店内に入ると、思わず後ずさりした…

店内の内装は、さすがのぞえでも「おっっ!?」と身構えるもので…

「アリスの森」みたいな感じのフロア。

↓ぞえたちが座ったフロア。(魔法の鏡っぽいのがあります。)

↓もたれかかりにく過ぎる「お花さんのクッション」もありました。

↓ぞえたちの目の前に広がる光景

とんでもない場所にきてしまった…。(男2人きりの客は見渡す限り、ぞえたち以外いない…。)

店員さんやメニューもパンチが効きまくってた

① 店員さんの服装が…

ぞえたちが席に着くと、店員さんが水を持ってきてくれます。(ここまでは普通。)

↓「ん?」、誰??

店員さんはコスプレをしているみたいです。(「アリス」「チェシャ猫」のコスプレをしている店員さんがいて、「店員さん」とは呼ばず「アリス〜!」と呼ぶみたい。)

② メニューがすんごい

こんなメニュー見るの人生で初めてです。(何かが封印されてそうな雰囲気のあるカギに、思わず目がいく。

このメニューを見せながらアリス(店員さん)は言いました。

アリス 「このメニューには魔法がかけられていて、絵が変わるんです〜!」

ぞえたち 「へ、へぇ〜〜。そうなんですね…(恥ずかしさが込み上げてきて、ニヤニヤを堪えられないぞえ。)」

↓たしかにメニューの絵は変わっていましたね。(一部分だけですが。)

③ 注文した物も、すんごい個性を放っていた

ぞえが注文をして、「チェシャ猫」に届けられた物はこちら。

・アルコールドリンク(名前忘れました…)

男2人で「I’m Queen」と掲げられたドリンクを飲む気持ち、想像できますか??

…想像を絶するほどの恥ずかしさが込み上げてきます。(気のせいか、周りがぞえたちを遠巻きに見ている感がしました…。)

・イギリスで流行ってそうなスイーツ盛り合わせ(これも名前を覚えてなくて…。)

スイーツ好きなぞえは、この商品を見た瞬間に注文を決めました。(ハロゥインコラボみたいなので、それも注文をしようと思った理由の一つです。)

このスイーツ盛り合わせの細かい紹介をすると…

1 1つ目オバケっぽそうなアイス

2 おばけシュークリームと棺桶チョコケーキ(下にあるザクザクしたのは、たぶんフルグラ)

3 パンプキン味のケーキ

4 おばけクッキー

こんな感じのスイーツ盛り合わせでした!(こういうのを注文する機会が今までなかったので、ぞえとしては良い経験できたなと嬉しかった。

アリスの世界観が好きな方、ぜひ一度行ってみてください!

男2人でも、なかなか楽しめた魔法の国のアリス。(周りの冷たい視線を耐えるメンタルが必須ですが…)

女性の方や、アリスの世界観が好きな方には非常に楽しめる空間のように感じました!

「日本にも、まだまだ知らないことがたくさんある」と、また再確認できる良い日でした。

↓最後に、店内でアリスに撮影してもらったHくんとのツーショットを。



にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村