津の旅① 「Nくんが絶賛するイル・グラッポロへGO!」

アート部

どうも、ぞえです。

アート部として定期的に活動をしているNくん

キュリオスを見て、サーカスの凄さを改めて学んだ

2018.08.19

神戸旅②「神戸を歩き旅するなら、ここに寄るべき!」

2018.06.13

「トリスケリオンの靴音」を観て演劇にハマった!

2018.05.13

彼と行動していると刺激的な発見が多いので、いつも会えるのを楽しみにしています。

今回はどんなアート部の活動をするのかというと…

Nくんイチオシの美味しいお店巡りですっ!(最近はグルメ部と言っていいほど、食事の探求が増えてきました。)

「美味しいものは人を幸せにする」という言葉を再確認することができた今回の津の旅、さっそく紹介してきます!

Nくんが指定した「津」へ向かって行くぞえ

Nくんから「津にオススメのお店があるから食べてみて欲しい」という誘いを貰ったぞえは、今まであまり行く機会のなかった津へ向けて移動しました。

近鉄電車に乗り、揺られること約2時間。

目的地の津に近くにつれ、窓から見える景色に自然が増えていきます。(こういう景色がすごく好き。)

三重に向かう人が少ないのか、だんだん乗車している人が減っていき、ついには…

ぞえ以外誰も車両にいなくなりました。(貸切電車は人生初めての経験。)

三重に済まれている方には申し訳ありませんが、今のところのぞえの感想としては…

「すんごい田舎に来てしまったな」と思うばかり。

しばらくそのまま電車に乗り続けると、目的地の「津駅」に着きました!

津駅の一部では改札口が一つしかない場所もあり、ここでまたカルチャーショックを受けたぞえ。(改札口は最低でも三つはあるものだと思っていたから。)

普段行かない場所へ行くと、ものの数分で学ぶことが次々に出てきます。(旅って本当に面白い!)

駅前のタクシー乗り場に向かうと、我らがボスのお姿が…

さすが準備がいいNくん。ぞえが津駅に着く頃には、車でスタンバイしてくれていたそうです。(あざすっ!)

Nくんの車に乗り込み、お目当のお店へ向かっていくぞえたち。(紹介をするお店はがないと、向かうのが大変です。)

今回のお店はNくんの家族も口を揃えて「美味しい!」というほどの絶品らしく、お店に近づくにつれて期待が高まっていきます。

「俺は育ちがいいから、食事にはうるさいねん」というNくんの自慢っぽい発言を聞き流しながら、ふと思ったのは…

「裕福な家庭ほど、所有物(ブランド物や高級車)よりも食事や旅行(体験)にお金をかけている」ということ。

今まで何人かの裕福な家庭で育った友人に会ってきましたが、Nくんの家庭とほとんど同じお金の使い方をしていたような気がします。(何人かは、これでもかと自慢げなお金の使い方をしている人もいましたが…)

ぞえも、お金の使い方をしっかりと勉強していきたいですね。(今後、ぞえが学んだお金持ちの意外な特徴を紹介します!)

さて、少し話が逸れましたが本題に戻っていきますね。

車で数十分、Nくんの自慢するお店に到着!

お店に着きました! どんなお店なのかというと…

イル・グラッポロ(IL GRAPPOLO)です!


イタリア料理を提供しているお店ですね!

イタリア語で「ブドウの房」の意味。

ぶどうの粒が「お客様」。
そして、その一粒一粒で、「IL GRAPPOLO」という
大きな房が出来上がるように、

との思いを込めて命名しました。

イタリアの空気を直接、お客様に感じ取っていただける
お店作りを心がけています。

イタリア料理 IL GRAPPOLP:イルグラッポロについてより引用

「お客様が集まるって初めて理想のお店となる」という意味もあるのかなと、感じたぞえでした。

店内に入り、Nくんのオススメするコース料理(松坂牛のディナーコース4000円税抜き)を注文しました!

↓ワクワクしながら待つこと数十分。(店内は日本とは思えない雰囲気があり、終始Nくんが心地よさそうな笑みを浮かべていました。)

きました!コース料理を順番に紹介していきます!

季節のポタージュ

ポタージュですね。飲むとわかるんですが、冷めているんです。

「冷めているポタージュって美味しいんかな?」と少し警戒しながら飲むぞえ。

ゴクッ

うんまい。。。

喉に通っていくポタージュ。今まで飲んできたポタージュとは比べ物にならないくらい粒がしっかりしている。

「これぞ、新鮮な素材の美味しさを活かした料理」のように感じられる一品です。

前菜の盛り合わせ

なんの野菜だったのかは忘れてしまいましたが、すごく美味しいです。(忘れてすみません…。)

以前まで、皿の上に少量の料理が並んでいるのことに良いイメージがなかったぞえ。(もっと量を食べたいと思っていました。)

そんな時、Nくんの「この一皿でこんなにも多くの味を楽しめるのは幸せやな」という発言で考えが変わりました。

一皿に違う味(しかも全部が美味しい)を盛り込むことで、味の楽しめる回数が増えるのは素晴らしいことですね。

リゾット

今までリゾットという名前を聞いたことがありましたが、食べたことはなかったぞえ。

↓リゾットと聞いて、いの一番に思いついたのがこちら。(昔のアニメのキャラ…。)

参照 プリ画像 GMO:コロッケ

そんな冗談は置いといて…。さっそく食べてみます!

パクっ。

うまい(でも、すごいクセが強い味…。)

リゾットは味がすごく濃くて、苦手な人には食べるのが困難かもしれません。

ただ、リゾットの中に含まれているソーセージと一緒に食べると美味しく食べていけます。

松坂牛の希少部位タワラ(前すね)肉のグリル

はい、これは見ただけで美味しいって分かるやつです。(テンションの高まりがMAXになるぞえ。)

松坂牛を食べる機会なんて、今まで一度もなかったぞえ。(食べれたとしても、スーパーで売ってるどっかの黒毛和牛だった。)

慎重に、口に含んでいきます。(味を堪能するき満々。)

ゴックン。

うますぎる〜〜〜〜〜〜〜っっ!!(こ、これほどまでとは…。)

思わず握りこぶしを作ってしまうほどの美味しさ。「これを食べるために俺は来た」と喜びまくっていました。

食後のスイーツ

イル・グラッポロには食後のデザートもあります。(まだ出してくれるんですねっ!)

この中でも特に美味しかったのが、左上部にあるパンナコッタです。

パンナコッタを食べたことがなかったぞえは、見た目からプリンのようなイメージを持ちました。

しかし、食べてみると全然違う。スプーンですくってみると…

バインっ、プルルン。

すごく重いです。(中身がつまりまくっている。)

食べてみると、笑顔が自然と溢れてくる。(あぁ、今の俺は幸せや…。と本気で思えました。)

美味しい物は、人(ぞえ)を幸せにしてくれました

以上がイル・グラッポロのコース料理でした!

Nくんがオススメするお店は本当に美味しい。(ただ、高いですが…。)

美味しい料理を探求する旅は、これからもやめられなさそうです。




にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村