ふるさと納税について①

資産運用

どうも、ぞえです。

資産運用の中で人気なふるさと納税

参照 ふるさとチョイス公式サイト:ふるさと納税とは

今回はふるさと納税について、ぞえなりに調べてみました!

「ふるさと納税をやってみたい!」という方にとって、少しでも有益な情報となれば嬉しいです!

ふるさと納税と寄付の違い

すご〜くザックリ説明すると、ふるさと納税とは「応援したい自治体に支援金を送る」ということ。

「それって寄付と同じじゃないの?」と思った方、実はふるさと納税と寄付には大きな違いがあるんです。

ふるさと納税と寄付の違いはこちら。

参照 ふるさぽ:ふるさと納税と他の寄付の違いについて解説

  • 寄付金控除が受けれるか受けれないか

ふるさと納税では、控除上限額から2000円を引いた額が所得税と住民税から控除されます。

「寄付をすることで税金が減る」のは、資産運用をする身として最高ですね!

一方、寄付では寄付金控除が適用されません。(認定NPOへの寄付など一部では寄付金控除が受けられるが、ふるさと納税ほど控除額が多くない。)

寄付金控除が受けれるか受けれないか、これは随分大きな違いですね。

寄付を実際にされている方の「誰かのために貢献する気持ち」はとても素晴らしいと思います。

ただ、同じ寄付でも自分にとってのメリットが多いなら、ふるさと納税の方がお互いがよりWIN WINになれますよね。(ぞえはふるさと納税を選びたい!)

寄付先の自治体から、お礼の品を貰うことができる

ふるさと納税では、寄付金額に応じたお礼の品を自治体から貰うことができます。(10000円〜)

お礼の品は自治体によって様々で、例を挙げると…

などなど。

食料から旅行チケットまで、本当にいろんなお礼の品があるみたいですね!(ぞえの目が輝いてくる…。)

参照 ふるさとチョイス:沖縄県産黒毛和牛ロース焼肉用(八重瀬町産)

「お礼の品を送るメリットって自治体にあるの?」と思った方、ぞえも同じ気持ちでした。

自治体側からすると、お礼の品を送ることでその自治体の名産物を伝えることができるという大きなメリットがあるみたいです。

本当にお互いWIN WINな、ふるさと納税は最高すぎる…。

応援したい自治体を選べれることや、寄付金の使い道を指定できる

ふるさと納税の寄付金を送る自治体は、住んでいる場所を気にせず自由に決めることができます。

本当に応援したい自治体に対して、寄付金を自分の意思で送れるのは良いですね!(ぞえは、旅先で「良いな!」と思った場所に決めようと思います。)

また、寄付金の使い道を自分で決めることができるのも魅力の一つです。

  • 自然保護
  • 観光
  • スポーツ

などなど。

寄付金の使い道は予め決められているパターンはよく聞きますが、ふるさと納税のように自分で選択することができるのは自分がその自治体にどんな貢献がしたいかを考える良い機会になるのではと感じました。

ぞえも実際にふるさと納税を始める際、どんな貢献がこの自治体にできるのか?を考えてみたいですね。

ふるさと納税の魅力をぞえなりに書いてみました。

今回は「ふるさとチョイス」の公式サイトを主に参考にして、簡単ですがまとめてみました。

この記事を読んだ方に、「お、ふるさと納税は意外と良いかも」と思っていただけたなら幸いです。



にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村

この記事を読んで「良いな!」と思った方、タッチお願いします!