奄美大島の旅③ 「奄美の海をシュノーケル・SUPで満喫!」

新たな経験

どうも、ぞえです。

引き続き、奄美大島の旅について書いていきます。

「奄美大島に着くまで〜初日のできごと」はこちら!

奄美大島の旅② 「奄美大島到着〜初日のできごと」

2018.08.25

奄美大島の旅① 「奄美大島までの移動・バニラエアの利用方法について」

2018.08.18

奄美といえば、綺麗な海! 海で泳ぐ機会が最近なかったぞえは、「泳ぎたい」という欲がどんどん溢れてくる。

そんなぞえにピッタリの「奄美の海を思う存分楽しめるツアー」をYちゃんが見つけてくれました!

そのツアー内容とは…

ここ奄美大島 加計呂麻島は天然の地形に恵まれ、日本国内では最高の水遊びが出来る所です。一緒に自然の一部となり遊んでみませんか?

・マリンスポーツをとことん!1日という長い時間でマリンスポーツをとことんお楽しみいただけます!ほぼすべてのマリンスポーツをお楽しみいただけます。
・工夫いろいろまったり奄美の海を体験できるようにまったりできる工夫を考えております。水上が見れるようにネットを張ったところに座ってみたり。釣りなどもできます!
・奄美の海の奇麗な事波が、水の色がきれいです。魚達を上から観察なんて事もできます。釣りには不向きな時もありますがこの綺麗さは必見です!

ACTIV JAPAN公式サイト:【奄美・加計呂麻島】シュノーケル・シーカヤック・SUPを好きなだけ!1日ツアー(ランチ付き)より引用

なんと、マリンスポーツを一日中楽しめるんだとか。(ぞえは不器用で何事も覚えるのが遅いため、一日中できるのは最高に嬉しい!)

今回は、このツアー体験の内容をお伝えしていこうと思います!

待ち合わせ場所に着き、出発時間を今か今かと待ち続けるぞえたち

ツアー体験の集合場所付近で、Yちゃんとのんびり過ごしていました。(奄美はクロマグロが有名みたいです。)

今回のツアーはボートで加計呂麻島まで移動するみたいなので、周囲にボートがあるか探してみました。

↓「あれかな?」となかなか大きいサイズのボートを見て、期待が高まっていくぞえ。

あのボートにどうやって乗船するのか考えていたところ、Yちゃんにツアー担当者さんから電話がきました。

電話の内容を横耳で聞いていると、乗り込むのはどうやら先ほどの大きなボートではないようで…(「え、じゃあどれに乗るんや」と焦るぞえ。)

↓Yちゃんの案内で向かった先にあるボートを見た瞬間、少し不安になった。(あ、あれに乗るのか…)

なんか想像と全然違うんですけど〜〜。。。

ツアー担当者さん(以後、その見た目から仙人と呼ぶことにします。)はすんごい笑顔で、「君達も早く、乗り込んでね〜」とぞえたちに話しかけてくれます。

↓こちらが、今回とてもお世話になった仙人。(オーラが違った。島の人っぽさで溢れている…。)

予想とは大きく違ったボートに戸惑いましたが、逆にこういうボートに乗れる機会なんて滅多にないと思ったぞえたち。

「気にせず楽しむぞ!」とYちゃんと誓い合い、仙人のボートに乗り込みます。

初めてのボート乗船

仙人のボートにはぞえたち以外にも、3組くらいの観光客が乗船していました。

ボート自体はなかなか広く、乗船した人は皆(全員で8人)ゆったり座れます。

全員が乗船したところで、仙人の合図によりボートが出港し始めました!

ボートの揺れは出港した直後は少し激しい(海岸のコンクリートに波が跳ね返るから)ですが、それ以降は比較的安定しています。

ぞえは船酔いすることはなかったですが、乗り物酔いしやすい人は酔い止めを持参した方がいいかも!

7CDBEAA1-4898-482C-8E39-23501C57524D

加計呂麻島までは、約1時間くらいかかるみたいです。その間、仙人が教えてくれたことで驚いたのが…

・ホラガイの中にスマホを入れると、天然のスピーカーになる。

そもそもホラガイを生で見たことがなかったぞえ。「ブォ〜〜」と息を吹きかけて音を鳴らすこと以外にも、こういう利用の仕方があるんですね。

加計呂麻島に到着し、シュノーケルとSUPに挑戦

ボートに揺られること1時間、ついに加計呂麻島に着きました!

今日も曇っていますが、海はとっても綺麗です。

仙人 「あとは自由に遊んでいいよ〜〜。」

という仙人の合図により、自由に海を遊び尽くす時間が始まりました。(待ってました!!)

シュノーケル

まずはシュノーケルを身に付け、海に飛び込みます!

…めっちゃ冷たい!!!(慣れるまでは本当に冷たいです。)

ライフジャケットを身に纏っているため、溺れる心配なく海を楽しめます。(水中に深く潜ることはできませんが…)

43AFAD6E-92EF-4D51-97B1-9A19B094342D

↑のように水中はとても綺麗で、運が良ければ「魚のキス」を体験できるかもしれません!(仙人曰く、魚と通じ合った証だとか)

SUP(スタンド・アップ・パドルサーフィン)

次はSUPです!仙人がSUPをボートから出して、乗り方を教えてくてました。

この日は波が少し荒く、普段よりSUPの難易度が上がっているみたいで…。

↓ぞえとYちゃんは、乗り始めの頃は立ち上がるとすぐ転覆してしまう。

3595391A-627B-414F-901A-3E720A07DE38

ただ、何度も乗り続けることでコツが掴めたのか、最後の方はSUPを思い通りに操れた…気がします。

一日中、遊び続けて疲れ果てたぞえたち

シュノーケルもSUPも、本当に楽しかったです!(この日以来、海が好きになったぞえ。)

楽しすぎるので疲労を忘れてしまい、ボートに上がって休憩すると疲れがドッと出てくる。

↓そんな時は、ボートのネットが貼ってある場所で一休み。(意外に眠れるほど居心地がいい。)

乗船した観光客が全員満足したところで、加計呂麻島から発着地点まで戻り次第解散となります。

今回ぞえたちが参加したツアーは、本当に楽しくて奄美の海を心ゆくまで満喫できるものでした。

もし奄美大島に行く予定がある方、ぜひこのツアーに参加してみてください!!


この記事を読んで「いいな!」と思った方、タッチお願いします!

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村