キュリオスを見て、サーカスの凄さを改めて学んだ

アート部

どうも、ぞえです。

暑さがだんだんマシになってきましたね。夏も残り僅か。平成最後の夏を、皆さんも満喫していきましょう!

今回の内容はというと…。

アート部の活動を書いていこうと思います!(メンバーはお馴染みのNくん。仕事終わりでヘトヘトなのに、スーツ姿のまま来てくれました!ありがとう。)

アート部として、ぞえはNくんといろいろな活動をしてきました。例えばこんな感じ…。

神戸旅① 「神戸中華街で美味しかった食べ物はこれだっ!!」

2018.06.07

「トリスケリオンの靴音」を観て演劇にハマった!

2018.05.13

このように、アート的な要素を含む経験値を高めようとアート部は日々活動しています。

話が少し逸れましたが、本題に戻りますね。

↓アート部の猛者2人は、あるものを見るために大阪の中之島駅に集結しました。

中之島駅から歩いて数分でたどり着ける場所に、アート部のお目当てのものがあります。

シルクドゥソレイユの「キュリオス」!!

そうです。キュリオスです!

Nくんとの会話の中で「シルクドゥソレイユのパフォーマンスを近い距離で見てみたい!」という願望がでてきたため、男2人で見に行くことになりました。(*ホモではありません。)

中之島駅付近なため、電車を利用することをオススメします。(車で来られる方は、近隣にある有料駐車場を利用できるらしいので安心してくださいね。)

サーカスとして歴史あるシルクドゥソレイユ。人間の限界に挑戦するパフォーマンスを、この目に焼き付けようとアート部2人は会場へ向かいます。

↓会場が見えてきました。すごく目立ちますね。(サーカス会場を見る機会は、今までほとんどなかったぞえ。)

↓会場付近には「チケットを持つ・持たない人」とで並ぶ列が分かれています。スムーズに進むために自分がどの列に並ぶのか把握しておくことをオススメします。

↓チケットはこちら。今回は近い場所で見ようとNくんと話していたため、奮発してS席(13500円)をとりました。

12:30の公演で30分前に現地に着いたアート部でしたが、会場は既に長蛇の列が…。(人気の高さが嫌でも伝わります。)

会場内に入りました!

会場に入るなり、まず目に飛び込んできたのがこちら!

シルクドゥソレイユのスペシャルサポーターである「ダイハツ」「キュリオス」のコラボレーションした「トール」が展示されていました。

会場の中は大きく2つに分かれており、パフォーマンスを見るメインフロアフードやグッズが販売されているフロアがあります。

↓フードやグッズが販売されているエリア。

公演時間が迫ってきたので、メインフロアに移動します。4番ゲートから入りました。

ぞえの座席はDのS席です。思ったよりもステージに近くてびっくりしたぞえ。

参照 キュリオス公式サイト:大阪公演概要

メインフロア内はなんというか、すごい世界観でした。公演まではまだ時間がありますが、出演者さんが自由に会場を動き回っています

観客にステージにある橋?を渡らせたり、観客席にいる観客にイタズラをしたり。(イタズラといっても、すごく可愛くて笑えるものです。)

「自由な空間なのになぜか圧倒される。」そんな空間でした。

ついにパフォーマンス開始!

パフォーマンスが始まりました!基本的に写真撮影が禁止されているため、ぞえの感想をまとめたいと思います。(公演の最後には、写真撮影できる時間がありました。)

  • なんでこんなことができるの?と驚くパフォーマンスが次から次へと目の前で繰り広げられる。
  • 出演者一人一人が主役のようで、自信をもって堂々としている姿に惚れた。
  • 出演者が「楽しい!」という空気感を作っていて、思わずこっちも楽しい気持ちになる。
  • 人を魅了する出演者を心から尊敬できた。また、自分も多くの人々を感動させる立場になりたいとも思えた。

こんな感じです!本当に見に行って良かった。(Nくんに感謝!誘ってくれてありがと!!)

キュリオスのことに少しでも関心をもっていただいた方、ぜひ一度見てください!



この記事を読んで「いいな!」と思った方、タッチお願いします!
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村