甘党のぞえが大阪で巡り合った、甘過ぎるスイーツ

新たな発見

どうも、ぞえです。

ぞえは自他共に認める甘党(スイーツ系男子)で、スイーツを目にすると、勝手に体がお店の方に動いてしまうほど…。

↓ぞえが甘党であることを投稿した記事がこちら!

奈良にあるこの団子屋さんが、めちゃうまい!

2018.06.26

そのためスイーツを口にする機会が一般的な男性に比べて多いので、「うまいっ!」と思ったスイーツがあればどんどん投稿していく予定です。

早速ぞえがオススメするスイーツをご紹介!…と言いたいところでしたが、今回はちょっと違っていて、、

甘党のぞえが「甘すぎて食べるのが苦しかったスイーツ」と出会ったので、その激甘スイーツを紹介することにしました!(なぜ苦しんだスイーツを紹介するねん!と思った方、なんかすみません…。)

甘すぎるスイーツは、大阪駅に潜んでいました。

甘すぎるスイーツとの出会いは、ぞえのパートナーであるYちゃんの「あのお店知ってる?」という一言がきっかけとなりました。Yちゃんと大阪駅をプラプラしている時にそのお店の存在を知ったぞえ。

↓Yちゃんが紹介してくれたのは、MAX BRENNER(マックスブレナー)というお店です!初めてこのお店を知ったぞえは、「行ったことないから行きたい!」と店内に入ることを即決。

店内は甘い香りが漂っていたため、無意識にニヤニヤしてしまうぞえ。注文を終え、席に座ってスイーツが来るのを待つことに。

↓壁にチョコレートという文字が記載されており、お店のチョコレートに対する情熱を感じられます。

スイーツとのご対面。

Yちゃんと会話をして待っていると、ついにきました!ぞえが注文したのは「アイスチョコレートミルク(620円)」です!「DRINK ME」という可愛らしいコップを初めて見てびっくりするぞえ…。

飲むと「思った以上にドロッとしている上に、めっっちゃ甘いチョコ」という感じの飲み物でした。甘党のぞえでもササッと飲めるドリンクではなく、この時点で「このお店のスイーツは他の店と甘さの次元が違うかもしれない」と察し始めたぞえ。(味は美味しいですよ!ただ、少しずつじゃないと飲めない…。)

↓ぞえがドリンクをチビチビ飲んでいると、メインのスイーツがきました。キャラメリゼと呼ばれるスイーツみたいです。(バナナヘーゼルナッツ「1620円」)

このキャラメリゼはそのまま食べるか、予め用意されているトッピングを付けて食べるみたいです。皿に乗っていたトッピングはこの三種類で

  1. 理科の実験で使うようなビーカーに入っているチョコソース
  2. チョコアイスクリーム
  3. 小さい玉状のチョコレート

です!(トッピングが全てチョコレートなことに、さすがの甘党のぞえも背筋が氷りつく。)

さっきのドリンクでなかなかのパンチを食らったぞえは、恐る恐るキャラメリゼを食べて進めていきます。

「パリッ、もぐもぐ…。」

「う、うまい。うまいというか、とにかく甘い。」クレープのような見た目ですが、生地はパリパリで美味しい。「お、これは食べれるぞ!」と先ほどの不安を跳ね除けるように食べ進めていきました。

ただ、トッピングをして食べ始めた途端、ぞえの手は金縛りに遭ったかのように止まります。「…なんじゃこりゃー…。」

めっっっっちゃ甘いです!!!!!ぞえが今まで食べてきたいろんなスイーツと比べても、桁外れに甘い!!(究極の甘党の方には、最高のスイーツだと思います。ぞえの感想はあくまで一個人の意見なので…。)

チョコの甘さの上に、更にチョコを加えるというマックスブレナーの発想に驚きました。すごい、すごすぎます。(今回はドリンクと一緒に注文したため、めちゃくちゃ甘いスイーツ!という印象をもったのかもしれません。)

スイーツを食べる前と後とで、表情が一変したとYちゃんに言われた…

激闘(食べるのにあり得ないほど時間がかかりました。)の末、なんとかスイーツをたいらげました。食べた後に思い浮かんだ言葉が、「もう、俺は甘党と名乗るのをやめようかな」という…。

そんなことを思い浮かべているぞえを見て、Yちゃんが「スイーツ食べる前と表情が一変してる…」と笑われました。確かに死にかけた顔をしている気がしましたね。(ただ単にスイーツ食べただけなのに…。)

今回紹介したマックスブレナー、甘党の中の甘党の方に是非チャレンジして欲しいと思います!(甘党ではない人も、チョコレートやドリンクを単品で注文すると美味しく終われるのでオススメです!)



この記事を読んで「良いな!」と思った方、タッチお願いします!

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村