奈良公園の旅② 「奈良公園付近の商店街や、若草山の夜景巡り」

どうも、ぞえです。

前回に投稿した「奈良公園の旅①」では、奈良公園での鹿との触れ合いについて書かせてもらいました。

↓「鹿との触れ合い」の記事はこちら!(鹿が本当に可愛くて仕方がなかったです。)

奈良公園の旅① 奈良公園に行って、鹿を好きになった

2018.07.18

今回は、奈良公園の鹿との触れ合い以降に体験したことを紹介していきます!

鹿との交流を終えたぞえたちは、周囲をプラプラ歩き始めた

鹿せんべいを利用し、鹿のお腹を満たすことができたぞえたち。しかし、自分たちのお腹は全く満たされていないことに気付きます。

そこで、何か美味しい物はないかと辺りをウロウロしてみることにしました。(ぞえは特にお腹がすぐ空くので、旅に出ると基本的に食べてばかりになってしまうという…。)

↓坂を下った先が賑わっていそうなので、とりあえず向かってみることにしました。

↓移動中に見つけた「奈良公園付近の電信柱」が少し変わっていたので紹介します。鹿の絵がかわいい…。

↓なぜか急にやり始めた、遊人の「ひょっこ◯はん」(スルーしてください…)

遊人は置いといて、電信柱にペイントをするのは、遊び心があって「いいな!」と思えますね。このような工夫が周りの観光地との差別化に繋がっているような気がしました。(奈良市の方々、ナイスです!)

向かった先には商店街があった

賑わっていそうな場所に近づくと、そこには商店街がありました!奈良市東向商店街みたいです。奈良市の旧市街を代表する商店街のようで、歩くと昔ながらの雰囲気を感じとれました。(観光地でもあるため、人通りは思った以上に多いです。)

この商店街をウロウロする中で、ぞえたちが寄った場所を順に説明したいきます!

①中谷堂

商店街の中でも一際目立っている場所がありました。その場所がこの中谷堂です。

「よもぎ餅」が有名で、とても歴史のある店だとか。お店に実際行くと分かりますが、店に様々な有名人と店員さんとの写真が飾られていました。(世間知らずのぞえでさえ知っている有名人ばかりで、本当に人気なんだなと感じたぞえ。)

早速注文してみました!これが「よもぎ餅」です。(1個130円)食べてみるとモチモチで、中のあんこと相性バツグン!甘いもの好きなぞえは、一瞬でよもぎ餅の虜になりました。(あんこが苦手な方はオススメできないかもしれません。)

「中谷堂の餅つき」はとても速いと有名みたいです。なぜ速く餅をつくのか少し調べてみると…

中谷堂の餅つきは、私の故郷で行われている熱いうちにいて仕上げる「速い餅つき」なのです。
私は、冬はとても寒い奈良県南部の上北山村で生まれ育ちました。その寒い上北山村の中でも小橡地区では、き始めてからどんどんテンポを上げていく早い餅つきが行われています。そこで食べていたやわらかくてよく伸びる、でもこしのある美味しいお餅を、皆様にも味わって頂きたいという思いが、この「速い餅つき」なのです。

中谷堂公式サイト:店舗案内より引用

なんと、冬の寒さが厳しい上北山村(小橡地区)で実際に行われてた「餅のつき方」だったんですね!その寒い地域で「美味しいお餅をつくにはどうするか?」と考え出した方法が、現在も継承され続けていることに驚きました。

「上北山村」という名前をどこかで聞いたことあるなと振り返ると、以前に筏下りで訪れた北山村の近くだと気付きました。「日本にはいろんな場所でに有名なものが溢れている」と改めて感じたぞえ。

↓北山村での旅はこちら!

北山村の旅② 「筏下り以降の旅で体験したことまとめ」

2018.07.09

北山村の旅① 「人生初の筏下り体験へ」

2018.07.03

↓また、先ほど説明した高速餅つきの動画がこちら!タイミングが合えば、生で見れるみたいです。すごい、生で見たかった…。

② 拓

次に紹介するのが「拓」というお店です!このお店では「地酒・鮨・和食」を提供しているみたいです。

ぞえたちが店に入った時には既に食事のラストオーダーが終わっていましたが、「地酒なら注文できます」と親切な店員さんに言ってもらえたので入店しました。(本当にありがとうございます!)

↓店内は綺麗で過ごしやすい空間でした。

店員さんに聞いて知ったのですが、なんとこのお店、地酒が…

地酒・鮨・和食ダイニング「拓」公式サイト:日本酒のセルフ試飲より引用

店内の日本酒ならどれも一杯90円!!(ぞえはお酒弱くて飲めませんが、日本酒が好きな方には飲み比べれるためオススメです。)

ぞえ(酒飲めない)と遊人(運転するため禁酒)が椅子に座って店内を観察している中、Mさんはお酒が好きみたいなので意気揚々とお酒を注文し始めます。Mさん、すんごく興奮していましたね。

日本酒があまり詳しくない方でも大丈夫です。店員さんがオススメのお酒を教えてくれます。(どんなタイプのお酒が好きかを伝えると、更に自分好みのお酒と巡りあえるかも!)

Mさんに感想を聞くと、、

「ごくっ。…間違いないわ〜。。。」と囁くように言い出したので、これは確実に美味しいやつです。

「拓」は開業1周年を迎えたみたいです。店の雰囲気や店員さんの親切さなどから、行くことをオススメできる店だなと思いました。日本酒がお好きな方、ぜひ一度、足を運んでみてください!

車に戻り、次の目的地へ進むぞえたち

さて、よもぎ餅や日本酒を堪能したぞえたちは、場所を変えて次なる目的地へ向かいます。次の目的地は、何というか…。すごくロマンチックなところです!(奈良にそんな場所あるんか?と思った方、ぜひ続きを見て欲しいです。)

↓ぞえたちが行った場所はこちら!

若草山です!「新日本三大夜景」の一つである、若草山の夜景を見に行くことにしました。ぞえは奈良県に住んでいるのに関わらず、奈良に日本が誇る夜景スポットがあることを微塵も知りませんでした。(教えてくれた遊人、本当にありがとう!)

そこで今回は、その若草山の夜景がどれほど美しいのかを紹介していこうと思います。

若草山の夜景に、心を奪われた…

若草山の夜景を見るにはまず、有料ゲート(520円ですが、深夜だと無料みたいです。)を過ぎて駐車場に向かいます。駐車場までの道はクネクネしていたり街灯が無いため、運転に注意しないといけません。

↓駐車場に車を止めると、夜景が見えるスポットまで歩いて行きます。(徒歩5分ほどかかります。)歩道はライトに照らされており、思わず歩くのがワクワクしてしまう。

歩くこと5分。ついに、念願の若草山の夜景スポットに着きました!

↓動画はこちら!(虫の声や風の音が聞こえて、すごく和みました。)

D6244552-D43A-418F-94BF-75E504498422

若草山の夜景なんですが、感想を言うと…。

思っていた以上に綺麗で、びっくりしまくりました!!!!!(ぞえはいろんな場所で夜景を見てきましたが、その中でも若草山の夜景はトップレベルです!)

開放感のある場所(山なので当たり前なんですが…)ため、のんびり恋人や友人・家族と夜景を楽しむことができます。(ぞえが行った時も、かなりの人が来ていました。)

↓夜景スポットには大きな木があって、その木にもなぜか引き込まれました。

この夜景を見た瞬間、「Yちゃんにも絶対見せる!」と思えたぞえ。皆さんも、大切な人や家族と若草山の夜景を見に行ってみてください!本当に、感動します!

奈良には本当に楽しめる場所が数多くある、改めて感じられた旅だった

今回も多くの体験や学びがあった旅になりました。ぞえは大人になった今でも、旅に出ると必ず一つは新しいことを知ります。子供の頃は大人なら何でも知っていると思いがちですが、実際に大人になった自分には知らないことで溢れている。

これからも旅を通じて、一つでも多くのことを知って・体験していきたいなと思えました!皆さんも、旅に出たくなった際には、ぞえの故郷である奈良県を巡ってみてください!きっと、楽しい発見がありますよ!

↓最後は菜華ラーメンでシメたぞえたち。遊人、Mさん、今日はありがとうございました!



この記事を読んで「良いな!」と思った方、タッチお願いします!
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村