奈良公園の旅① 奈良公園に行って、鹿を好きになった

どうも、ぞえです。

皆さんは「奈良公園」に行ったことがありますか?「奈良といえば奈良公園」と思い浮かぶほど、全国的にも有名な場所のような気がします。

参照 奈良公園クイックガイド:奈良公園の鹿

「小・中学校の頃に修学旅行で行った!」という方、意外と多いんじゃないでしょうか?奈良県に住んでいるぞえも、幼稚園の遠足で奈良公園に行ったことがあります。それほど子供を連れて遊びに行くのに人気な場所なんですね。

修学旅行先ランキングを見てみると…

人気旅行先は、中学校が1位「京都」19.9%、2位「奈良」17.5%、3位「東京」12.9%、4位「千葉」11.6%、5位「大阪」6.5%と、ベスト5は前回と同じだった。

ReseMom:人気の修学旅行先は?中学・高校別国内ランキングより引用

このランキングは2015年に全国の国立・公立・私立等の中学校と高校を対象に行い、中学校882校高校1,030校の回答を集計したみたいです。中学校の結果を見てみると、なんと東京や沖縄を押しのけ奈良が2位となっていました!(意外に多くの人が奈良に訪れていることに驚いたぞえ…)

そこで今回は、全国的にも観光地で人気な奈良公園を旅したことについて書いていきます。

「奈良公園の旅」メンバー紹介

今回はぞえ・遊人・Mさんの3人で行くことになりました!Mさんは遊人の大切な友達で、ぞえにとっても仲のいい親切なお姉さんです。この3人での旅は初めてですが、楽しんでいこうと思います。(この旅の時にはまだでしたが、今後に遊人とMさんが…)

↓今回は遊人の愛車(日産リーフ)で旅に出ます!車旅は奈良県ピンの旅に行った時以来で、ワクワクが止まらないぞえ。

↓「旅が本当に好きだな」と実感した、遊人との「奈良県ピンの旅」はこちら!

第一回、奈良県ピンの旅!

2018.05.01
車に乗り込み、いざ出陣!!(このポーズには、何の意味もありません。)

今回の旅の目的とは…

今更感なんですが、今回の旅の目的を発表したいと思います。

それは…「鹿に鹿せんべいをあげること」です!

「…へ?それだけ?」と思った方、すみません。一応言っておきますがぞえたちは皆、社会人です。

「社会人なのに、そんな理由で旅に出るの?」と思われる方は多いのではないでしょうか?たぶんそう感じるのが当たり前だと思います。

ただ、ぞえたちは旅に出るハードルが低すぎるせいか、1つでもやりたいことがあると、すぐ旅に向かってしまう集団なんですね。はい、 変わっています。

↓弟と「海で叫びたくない?」と話し合った結果、翌日に2人で海へ行ったこともありました。(周囲の目が気になって、叫んだのは1分くらいという…)

もし旅に出ようか迷っていて、何かしらの目的をお探しの方。目的なんてなくても旅は楽しめるものなので、とりあえず行っちゃってください!(しっかりとプランを練る旅も、当たり前ですが楽しいですよ!)

ついに目的地に到着!

奈良公園に着きました!奈良公園付近にはパーキングエリアが多いので、車での観光もオススメです。(幼稚園ぶり(約20年ぶり)の奈良公園、楽しみすぎる)

↓駐車後、ルンルンで奈良公園に向かうぞえたち社会人軍団。

↓パーキングエリアから少し歩くと、すぐに奈良公園らしき場所が見えてきます。今回の旅に行くきっかけとなった、「あの動物」もかすかに見える気がする…。

いましたー!見渡す限りに鹿!鹿が自由に動き回っています。(鹿のフンも見渡す限りにありましたが…)

鹿と触れ合おうとするが、あまり寄ってこない…

鹿を目の前にしたぞえは、目を閉じてあるイメージをしました。それは「鹿がぞえの周りに集まってくる」ことです。

近寄って来てくれた鹿を、「お前ぇー、可愛いなー」と頭をさすったりする。そんなことをイメージしていました。

だが…現実はそんな甘くなかった。。。

鹿が全くこない。ほんまに、近寄るそぶりをしたらすぐ遠のいていきます…。(なんか俺、悪いことしたん?と嘆くぞえ。)

↓写真を撮れる位置までは来てくれますが、それより近づいてくれない。見えないバリアーでもあるのかと思えるほどです…。

鹿を集めるため、「あるもの」を調達することに

ぞえたちの周りに鹿が寄ってこないのに、周りの観光客の周りには鹿がウヨウヨしていて少し悲しくなりました。

ただ、その理由は観光客のもつ「あるもの」であると判明した瞬間、即座にその「あるものを」買いに行ったぞえたち。

↓バレバレですが、その「あるもの」とは鹿せんべいです!(たぶん10枚くらいで、料金は150円)

鹿せんべいを手に入れたぞえたちは、とりあえず鹿せんべいと共に記念撮影を撮りました。(なぜか写真を撮りたくなったんです。)

なんとも微妙な場所で写真を撮ってしまったと、少し後悔するぞえ。(一目でどこに来たのかわからん…)

↓何を思ったのか、鹿せんべいを1人ずつ食べることになりましたが、結果は…。(ほんまにオススメしません。)

さて、この「魔法の鹿せんべい」で鹿の人気者になってやる!そう意気込んで、ぞえたちは鹿に向かって歩み出しました。(鹿せんべいは販売時間が限られているため、夕方くらいに行くと販売終了している恐れがあります。)

鹿せんべい効果は、思っていた以上に強烈だった

鹿せんべいを装備した後、鹿に近寄ってみましたが、すごいです…。

鹿に近づくなり、速攻で鹿に四方八方囲まれました。(逃げ場無くして来る姿に、少しびびったぞえ。)

鹿が周りに集まって来るイメージはしていたものの、逃げ場のないフォーメーションで囲んでくることは予測できなかったですね。(鹿の「鹿せんべい食べたい欲」を強く感じられました。)

↓鹿は基本的に鹿せんべいを持ってる人に対して追いかけてくるのみですが、たまに足で蹴ってくる強者もいます。(汚れたら嫌な服では、鹿せんべいをあげることはオスメできませんね…。)

↓鹿せんべいを鹿に食べさせるシーンがこちらです。めっちゃ可愛い。(食べるスピードがめっちゃ早いです。)

101BE5C2-A5C3-46BB-A366-4F69BC428809

奈良公園は可愛い鹿と心ゆくまで触れ合える、最高の場所だった

鹿せんべいをあげてから、鹿が集まって来てくれるようになったので触れ合いまくりました。その中で分かったことを簡単にまとめてみます。

  • 鹿の身体が思った以上に大きい
  • フワフワと思っていた毛は、少し固め
  • 角は意外に柔らかい
  • 頭を撫でてあげると喜んでた

です!あくまでぞえの感想なので、ご了承下さい。

ただ一つ、これだけは言えるということがあります。

それは、「鹿を好きになってしまう」ことです。これ、本当ですよ!鹿が可愛くて仕方なくなります。

動物好きな方や奈良に観光に行く予定の方、是非一度、奈良公園に来てみてください!

↓最後に鹿ぞえたちの写真を載せたいと思います。


この記事を読んで「良いな!」と思った方、タッチお願いします!

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村