神戸旅②「神戸を歩き旅するなら、ここに寄るべき!」

アート部

どうも、ぞえです。

前回に投稿した神戸旅の「食事」に関する内容に引き続き、今回は神戸旅での「体験談」の内容について書いていきます。

↓神戸旅の「食事」に関する記事はこちら!

神戸旅① 「神戸中華街で美味しかった食べ物はこれだっ!!」

2018.06.07

神戸には歩ける範囲内に、面白いものがたくさんある

アート部の二人は神戸旅に来たものの、「何を見るべきか」や「何が有名なのか」という情報をほとんど仕入れないままでした。そのため、どこをどう回れば楽しめるのかさっぱり…。

そんな時はどうするのか。ネットでおすすめスポット検索する?それとも、人混みが多そうな場所へ進んで行く?…普通の人なら、その選択をすることが多いと思います。ですが、我らアート部は違う!「なんとなく面白そうな場所に適当に歩き出す」という決断を下すのがアート部の真髄です。(ぞえが無理矢理そうしているだけだが…)

…ということで、今回はアート部が神戸をぶらぶら歩き旅した上で、「おっ!」と感心をもった内容を紹介していこうと思います!

気がつくと、海の前。

中華街での戦闘(ただの食事)を終え、二人の戦士(アート部)は気がつくと海の前にいました。

人はなぜか、海が見えると近づきたくなる。まるで、海に吸い寄せられるかのように。(ぞえが勝手にそう思っているだけなので、深い意味はないです…)

海を目の前に、Nくんと仕事や趣味の話(ぞえはもうすぐ旅用にミラーレスカメラを買う予定です。また購入したら投稿しますね!)、将来やりたいことの話などを熱く語っていました。Nくんのように、本音の話ができる友人の存在は本当にありがたいですね。いつもありがとう。

気持ちの熱さと共に、日差しによって体も暑くなってきたので歩き始めることにしました。

クルージングできそうな場所を発見!

アート部が気ままに歩いていると、見つけました。ビビッとくるものを。

神戸ベイクルーズという、クルージングを提供している会社みたいです。次の運行時間を確認してみると今から15分後のようで、「これはいくしかない!」と乗船を決意。

大人1200円・中高生1000円・小人600円(全て税込価格)

神戸ベイクルーズ:時刻表・料金より引用

↓乗り込む船はこんなん。(ぞえが乗船したのはOcean Princeで、他にRoyyal Princessもあるみたいです。)

↓まずチケットを購入し、船に乗り込みます。(船の迫力に、少し驚いたぞえ…)

↓乗り込んですぐ目についたのは、カフェテリア風の客室です。カウンター席テーブル席が設けられており、乗船中にのんびり過ごせそう。(ぞえはデッキで海を直接眺めたいので、出航までの間だけ利用しました。)

いざ、出港の時。

Nくんとカフェテリアで談笑していると、「プォ〜〜〜〜」っという汽笛?の音とともに船が出航し始めました。「ついにきたか!」とテンションが上がったぞえは、カフェテリアでドリンクを購入後、デッキへ向かいます。

↓ドリンクは出航後、購入可能です。ぞえはNくんとお揃いの「コーラ(250円)」を注文しました。

アート部の二人はラウンジ風の二階乗客室を通り過ぎ、デッキに向かいます。デッキに上がった瞬間、景色の良さや風の気持ち良さに心を奪われました。

「え、まって、クルージングめっちゃいいやん!」と思わず心の声が漏れるぞえ。そのまま船はグングン進んでいきます。

「神戸港」と歴史を感じられそうな字体で書かれた灯台がありました。

45分間、クルージングを堪能できた。

クルージング終了まで、本当に充実していました。ぞえのクルージングを体験した率直な感想としては…

  • 海の匂いや潮風を体感できるのは、とても気持ちいい。
  • 海から神戸港を見ることができ、神戸の町並みを違った視点から楽しめる。
  • クルージング中、アナウンスが流れて「見どころ」の説明をしてくれる。(少し聞き取りづらいかも…)
  • 船酔いする人は、室内よりデッキに出るべき。(出航するまでの間、カフェテリアに居たぞえは少し船酔いしかけました…)

といった感じです。「クルージング体験をしたことない」という方、ぜひ一度乗船することをオススメします!

海の次は、商店街巡りへ

先ほどのクルージングで気分が良くなったアート部二人は、次の面白そうな場所へ向かいます。すると、目に入ったものがこちら。

「神戸元町商店街」です。この商店街は全長1.2㎞約300もの店が営業しているんだとか。アート部はこの商店街を探索することを2秒で決めました!(見た瞬間、ぞえが行くことを決意したため。)

商店街には、いろんなお店が営業していました。食事、雑貨、衣類、スーツ専門店、食料品などなど本当に多くの店舗があり、「こんな風に地域を活性化させるために力を合わせている街は良いな」と感じました。アート部がぐんぐん進んでいると、「んん!?」と目を見張るお店が目の前に…

・メゾン・ド・マルシェ

アート部の目に止まったお店は、メゾン・ド・マルシェというクラシック家具輸入インテリア雑貨を取り扱うお店みたいです。「アート部として活動する者として、この店に入らない選択はあり得ない」という意思の元、アート部はメゾン・ド・マルシェの店内へ。

店内に入った瞬間、世界観が違いました…。販売されている商品が全て海外からの輸入品であるため、「日本ではまず見ることができないだろう」と思える商品ばかり並んでいます。この光景を目に、アート部の二人は目をキラキラ輝かせながら店を探索。メゾン・ド・マルシェは1〜5階まであり、階に応じて販売されている商品のジャンルが違うことがわかりました。

↑シャンデリアなんて、初めて見たかも…。

アート部が物珍しそうに店内を回っていると、側にいた店員さんが話しかけてくれました。その後、その店員さんと一緒に店を回ることに。(商品の説明をしてくれたので、とてもありがたかった!)ぞえが店内を回って気になった物を、紹介していきます。

・宮殿にありそうなテーブルとイス

・ファラオ的な置物

・ディズニーの王子様が使ってそうなベッド

・映画のワンシーンに使われそうなデスク

海外の家具や商品を見ると、自分の世界が広がる。

メゾン・ド・マルシェを回ることで新たな発見の連続があり、自分の中の視野(世界)が広がったように感じました。感想をまとめると…

  • 国によって、物のデザインや雰囲気が全然違う。(階が変わるごとに、「あっ、また違う雰囲気や」と感じる)
  • 家具全般の大きさが、日本製の物より大きめに作られている(外国の家が広いからかも)
  • 外国の家具を買ってみたいと思えた。(ほんまにオシャレ過ぎて、欲しくなった。)

という感じです。海外の家具に興味のある方や、珍しい物好きな方には足を運んでもらいたいです!(ブログ投稿許可していただき、本当にありがとうございました!また、ステキな家具を見に行かせてください!)

神戸は夜景が特に綺麗だった!

商店街探索を終え、神戸旅も終盤に。今回のアート部の活動により、「神戸が好きになり、また遊びに来たい!」と思えるようになりました。食事、クルージング、ショッピングなどなど…。神戸観光では本当にいろいろなことを経験できるので、オススメです!

最後に、ぞえが撮った神戸の美しい夜景を載せようと思います。神戸は夜景も綺麗なので、夜景目当てに訪れるのもオススメできると思えました!

・間近で見た、光輝く神戸ポートタワー

・ベストショット!と思える神戸の夜景




この記事を読んで「良いな!」と思った方、タッチお願いします!
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村