神戸旅① 「神戸中華街で美味しかった食べ物はこれだっ!!」

アート部

どうも、ぞえです。

ぞえは、Nくん「アート部」という活動を定期的にしています。アート部は、ぞえとNくんの「音楽や芸術、文学など様々な世界に触れたい」という想いから、発足することを決意しました。

↓前回のアート部の活動はこちらです。(こんな感じでアート的な体験談を載せていくので、皆さんの世界を広げるきっかけになる!…かもしれません。)

「トリスケリオンの靴音」を観て演劇にハマった!

2018.05.13

今回のアート部は、Nくんからの「ふと、神戸の中華街行きたくなって」というライン上での一言で計画がはじまりました。中華街に行きたいと聞いた時に、「ん?中華街でアート的なんあるんかな?食事をするイメージしかないけど…」と思い、その疑問をNくんにぶつけると…

↑この一言で論破されました。さすがNくん、言うことが違う。

…てな訳で、神戸旅(中華街)に決定です!神戸旅で経験したことの中で、今回の投稿では「食べ物」に関する内容を書いていきます。(次回は「体験談」の内容を書きます。)

アート部、本町駅に集結。

電車に揺られ、中華街の最寄駅である元町駅に辿り着きました。さあ、どんな美味しいものがアート部を待ち受けているのか、いざ出陣!

↑元町駅から徒歩5分ほど歩くと、中華街の門が見えてきました。すごく賑わっています。

中華街に来る機会はあまりなく、何が美味しいのか分からなく戸惑うぞえ…。そんなぞえに青い彗星(水色のシャツを着ているNくん)はこう言いました。「俺に任せてくれ」と。なんと頼もしい男なんだ…。

そんなNくんのオススメのお店をはじめ、アート部が中華街で食べた物をまとめていきます。(今回は中華街で食べ歩きが多かったことから、ぞえの胃袋メーターの推移も勝手ながら載せていきます。)

アート部が食べた物はこれだっ!!

①「老祥記」の豚饅頭

まずは、老祥記に向かいました。Nくん曰く「老祥記は毎日行列ができていて、食べたかったけど一度も行けていない」みたいです。案の定、ぞえが行った日も行列ができていましたが、「絶対食べてやる!」という気持ちが強かったので並ぶことに。

待つこと数十分。ついに店内へ。

店内も賑わいまくっていました。イートインスペースが二箇所ありますが、基本的には「お持ち帰り」で豚饅頭を注文するみたいです。(どんだけ人気やねん…)

↓気になるお値段ですが、料金表があったので載せておきます。(99個まで注文できるみたいですけど、はたして豚饅頭をそんな大量に注文する人いるのか…)

ぞえとNくんは豚饅頭を4個(360円)注文しました。(仲良く2個づつに半分こ。)こちらが、豚饅頭です。

食べやすいような絶妙な大きさでした。食べてみると肉汁がジュワッと溢れて、ほのかなスパイスの香りが鼻をスーッと通っていきます。う、うまい。肉は噛めば噛むほど味が出てきて、口の中で美味しさが膨らんでいく。「この値段でこの美味しさはすごい!」と思いました。ただ、とても熱いので一口で頬張ろうとすると、火傷するかもしれないのでお気をつけてください。

ぞえの胃袋メーター

15% (余裕、かかってこい)

②「神戸牛バーガー」

中華街を歩いていると、「なんやあれ!」とぞえの目にあるものが入りました。それは…

これです!めっちゃ美味しそうなんやけど…。食べるしかないな。うん。

Nくんを半ば強引に店の前まで連れて行き、店員さんに「神戸牛バーガー」(1000円)を元気よく注文しました。このお店は、注文後に作り始めてくれるみたいです。

↑すごく美味そうな香りを放ちながら、作ってくれます。(目の前で作られると、食べたい欲が増すのはぞえだけかな…。)

できあがりました!早速食べてみます。

んん。うまい。しゃきしゃきレタスとトマトが、神戸牛ととてもマッチします。神戸牛は歯ごたえ満点であり、シンプルな味付けにも関わらずとても美味しい。「ステーキがハンバーグに入っている。」そんな感じに思えました。ステーキ好きな人には是非、食べてもらいたいです!(個人的に、もう少しボリュームがあれば良いなと思いました。)

ぞえの胃袋メーター

30% (まだまだいける)

③「皇蘭」のラーメン餃子セット

少し早めの時間帯に、店内でガッツリ昼食をとることにしました。(混んできて待つのが嫌な人は、11時頃にお店に入るのをオススメします。)Nくんのオススメでもある、皇蘭です。

↑店内は昔ながら感溢れる内装で、落ち着きます。ぞえとNくんはカウンターに座り、料理が出てくるのを「お互いの近況報告」しながら待ちました。すると、コトンと目の前に現れたのは…

まずラーメンです!チャーシューにネギという、いたってシンプルなトッピングですが、それがうまい。スープが麺にによく絡む。

お次は餃子とライス!餃子は少し濃いめの味付けで、食べ応え満点。極め付けは、餃子のタレが二種類あること。一方はよく見かけるものですが、もう一方はピリ辛。二つの味を楽しめます。

ぞえの胃袋メーター

70%(ふ〜っ。ラーメンと餃子・ライスは想像以上に腹に溜まる。少し休憩しないと味を楽しむ余裕がなくなるな、歩いて消化しよう)

④「黒毛和牛のビーフコロッケ」

ラーメンセットを食べ終えたアート部は、また中華街を回ります。歩き出してから割と早いタイミングで「あ、あれうまいで」とNくんからの指摘が。(え、もう食べるの?と少し驚くぞえ。)

黒毛和牛のビーフコロッケが美味しいみたいです。あまりの美味しさにNくんは、以前中華街に来た時に二度食べたとか…。胃袋メーターがなかなか上昇しているぞえですが、Nくんに食う量で負けるわけにはいかない。食べてやる。

↑できたての黒毛和牛ビーフコロッケです。ほんまに熱いんで要注意!食べると「肉の粒の大きさ」に驚きます。普通のコロッケと違いビーフの粒が大きく、食べ応え満点でした。

ぞえの胃袋メーター

80% (後半の方から、味がわからなくなってきた…。これはまずい。休まねば。)

④「Jazz喫茶 M&M」のプリンと水出しアイスコーヒー

「少し休憩しよう!」というぞえの一言で休憩することにしました。(ここで腹を休めないとほんまにやばい。)

↑休憩に選んだお店は、Jazzが店内で流れ続けている雰囲気の良いお店です(。中華街の門を出て、すぐ近くにありました。)バーのようでなオシャレ感があり、カップルで訪れるのもオススメですね!

↑ぞえとが注文したのはこちら。「水出しアイスコーヒー」「数量限定プリン」です。(胃袋メーターが危険値でしたが、甘いもの好きの血が騒いで注文してしまった…。)

アイスコーヒーは飲みやすく、とても美味しかったです。(甘党なぞえはコーヒーを飲むのも、実は好きなんです。)極め付けはこのプリン!スプーンですくうとプリップリで、絶妙な甘さ加減で美味しい。うん。甘いもの最高。

ぞえの胃袋メーター

85% (休憩するつもりが、また食べてしまった…。恐るべし中華街。正直、もうスイーツ以外はきついかも。)

⑤「神戸マシュマロ浪漫」のいちごマシュマロ

Jazz喫茶で休憩をした後、中華街探索を再開しようとした途端にNくんが足を止める。「これも美味しいで」と僕に囁いてきました。嘘やろ…。Nくんはまだまだ食べられるそうです。(こいつはバケモンか…)

先ほど訪れたJazz喫茶のすぐ横にある、神戸マシュマロ浪漫です。Nくん曰く、ここのマシュマロも外せないらしく、「マシュマロなら食べられるか…」とぞえはいちごマシュマロ(390円)を注文しました。

いちごマシュマロは意外と味がしっかりついていて、「味付きマシュマロ」を普段食べないぞえは驚きました。マシュマロ好きな方は、食べてみること間違いありません!

ぞえの胃袋メーター

90% (うっぷ…。マシュマロでさえ、後半はしんどかった。俺に休息をくれ、頼むN…。)

⑥「皇蘭」の角煮まん

もう食事をする気が無くなってきたぞえとは違い、Nくんはまだ食べたいみたいで…。このままではただの飯トレになりかねないと思ったぞえは、「行ったとしても、次でラストにしよう!」と頼み込みました。(Nくんに食べる量で負けるもんか!というプライドは消えて無くなった。)

最後に食べたのは、角煮まんです!(最後にまあまあ重たいものをセレクトするあたり、Nくんの優しさが身に沁みる…)胃袋メーターが限界スレスレのため、あまり味がわからないままでしたが、角煮まんはそれでも美味しかったです。角煮がトロトロで、歯を使わずに噛み切れます。ん〜、うまい。「次に中華街に来た時は、もっと空腹の時に食べよう。」と心に決めたぞえ。

ぞえの胃袋メーター

99.9999% (モウ、ナニモイラナイ…)

食べ歩きを満喫できました

以上が、今回のアート部が食べた物です!「ぞえの食リポ能力の無さ」を、記事を書きながら改めて感じました。(もっと美味しさが伝わるよう、練習します!)

中華街は本当に多くの食べ物で溢れかえっており、その全てが美味しいのでは?と感じました。皆さんも、ぜひ一度、中華街に足を運んでみることをオススメします。(食べ過ぎ注意!)

この記事を読んで「良いな!」と思った方、タッチお願いします!

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村