家族(ペット)を失って改めて考えさせられたこと

生き方

どうも、ぞえです。

皆さんは毎日、家族と仲良く過ごしていますか?家族と関わりがないまま、1日を終えてたりしていませんか?「いつでも会えるし、自分の時間の方が大切だから進んで関わろうと思えない」と思う方もいるかもしれません。

今回は、ぞえが家族(ペット)を失って、改めて感じたことを書いていきたいと思います。(重たい話が嫌な方は、ここでページを閉じてください。すみません。)この記事を通じて、家族に対する関わり方に良い変化が起きてくれれば幸いです。

本日、ペットのウサギが亡くなった

ぞえが仕事を終え、帰宅している間にスマホを確認すると「家族ライン」に通知が複数きていました。「ん?また何か知らんけど通知溜まってるな」と思いながらラインを開くと、通知の内容はまさかのペットの死の知らせでした…。

「えっ!!?」と何度もラインを見返しました。見返しても内容は変わらず、ただ「ペットの死」を思い知らされるのみ。とても辛かった。辛かった以上に、ペットに対して申し訳なさと後悔の想いが込み上げてきます。

家族や大切な人がいつまでも存在し続けると勘違いしているかもしれない

申し訳なさと後悔の想いが込み上がったのは、「普段から積極的にペットと関わっていなかった」ことが理由です。いつまでも元気に家にいるものだと思って、「今日は忙しいからまた今度遊ぼう」と関わりをもたない日が本当に多かった…。5月上旬に家族とBBQをした時、ウサギと一緒に公園で散歩もしました。その時は、「まさかこの散歩が最後」になるなんで想像もしていなかった。なんであの時、「もっと心からウサギとの散歩を楽しまなかったんだ」と本当に後悔しました。(もっと美味しい物を食べさえたり遊んであげたかった)

「いつまでも存在する命はない」ということを、改めて感じました。ぞえは今日のようにペットとお別れをしたのは3度目です。19・20歳の頃に2年続けて飼い犬とお別れをし、その時も今日と同じ想いをしたはずなのに「何も活かせれていない」、そんな思いに駆られました。

これからは、家族や大切な人とより積極的に関わっていきたい

ペットのウサギとの別れを通じて、ぞえが今後大切にしていこうと思ったことがあります。

  • 自分の時間も大切だけど、今側にいてくれる家族や大切な人との時間も大切にする。
  • ペットが生きたかった人生を、代わりに自分が全力で生きる。

この二つのことを今後、より頭に入れて生きていこうと思います。いつも側にいてくれる家族や大切な人に感謝しながら、一つ一つ幸せな思い出を築いていこうと思います。

もし最近家族との関わりが少ないという方がいれば、恥ずかしいかもしれませんが一緒に過ごすことをオススメします。家族や大切な人って失ってからその大切さに気付きます。後悔をしないために、生きて欲しいです。

ミルフィ、今まで本当にありがとう。

この記事を読んで「良いな!」と思った方、タッチお願いします!
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村