新たな宝くじが出ました!

新たな発見

どうも、ぞえです。

以前、宝くじに関する記事を書かせてもらいました。「宝くじの収益金が当選者への配当金以外に、公共事業や社会貢献広報に利用されている」といった内容です。

宝くじ買ってますか?

2018.04.28

最近、この記事を書いた時には知らなかった「新たなる宝くじ」の存在を知りました。今回その新たな宝くじの内容を説明していこうと思います。

新たな宝くじの名は、 「子育て支援くじ」

新しい宝くじの名前は「子育て支援くじ」です!どんな宝くじなの!?って思った方へ、「子育て支援くじ」の内容を簡単に説明していきます。

収益金の使途を子育て支援に限定した、初めての宝くじ。
収益金の全額が地方自治体による保育所や児童館の整備をはじめ、子育てのさまざまな支援に役立てられます。

 宝くじ公式サイト : 子育て支援くじより引用

収益金を子育て支援のみとする、全く新しい宝くじみたいです!従来の宝くじによる収益金では子育て支援は行なっておらず、「子育ての環境整備」というニーズに応えた宝くじのように思えました。

「子育て支援くじ」が具体的にどのような場所へ、収益金を使用しているのかをもう少し詳しく説明して行きます。

21の都府県における子育てに関する施設等に利用

宝くじ公式サイトを観ていると、21の都府県(宮城県・山形県・栃木県・群馬県・埼玉県・東京都・神奈川県・新潟県・富山県・山梨県・岐阜県・静岡県・大阪府・鳥取県・島根県・山口県・香川県・愛媛県・佐賀県・熊本県・沖縄県)の子育てに関する施設等に収益金を利用するみたいです。

日本全国とまではいきませんが、数多くの子育て施設に利用されるのは凄いですね。

子育て支援に関して調べていると、様々な問題があることを知った

「子育て支援くじ」が施設への支援を開始することになりましたが、現在の日本ではまだまだ「子育て」に関する問題があります。

  • 待機児童問題
  • 保育士不足
  • 保育園不足

などなど、まだまだ解決すべき問題が多くあることを、この記事を書く上で改めて気付きました。しかし、友好的な解決策が見出されていないのが現状です。これからの日本を作っていく「若い世代」の教育環境を整備することは、今後の日本の発展にとって非常に大切だと思います。

本当に世のためになる宝くじを今後も導入してほしい

ぞえはジャンボ宝くじが発売されると、それぞれ一枚ずつ(ミニがあればミニも一枚買う)購入することを習慣にしています。その理由としては、当選金を得るよりも寄付をするための方が大きいです。ぞえの資産の一部が、巡り巡って誰かの助けになれれば嬉しい。そんな気持ちから、宝くじを買い始めました。

皆さんの資金の中で、余裕の範囲内で宝くじを購入してほしいです。宝くじを購入する理由が「大金を手に入れるため」だけではなく、「誰かのために役立つため」と思える人がこの記事を通じて一人でも増えてくれれば幸いです。

この記事を読んで「良いな!」と思ってくれた方、タッチをお願いします!
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村